» 【新着】コラムに新しい連載記事を掲載しました

お知らせ

【新着】コラムに新しい連載記事を掲載しました

2022年10月25日


⇒https://www.gaccom.jp/wp/article/shiki2-14.html

11月のコラムは、続・学校の四季⑭「2学期の係活動」(中)です。

学校の教育課程の内容を具体的に定めているのは、「学習指導要領」です。

そのなかで「特別活動」の目標は、「人間関係形成」「社会参画」「自己実現」などとなっています。

「小学校学習指導要領解説・特別活動編」を、久し振りに読み直してみて新たな発見がありました。

キーワード検索をかけてみると、「合意形成」が108箇所、「意思決定」が65箇所に頻出するのに対して、「民主主義」も「多数決」もわずかに1箇所に現れるだけだったのです。

「多数決」が解説に多用されないのは、それまでの教育への反省があります。

過去のある時期、教室で安易に「多数決」が行われる傾向があり、そのことが原因で、児童間に感情的な対立が残ったり仲間関係に軋轢が生じたりする事例が多く報告されたからです。

しかし、「民主主義」は、もっと解説で記述されるべきキーワードではないのかと、疑問が残ります。

なお、このようなキーワード検索ができるようになったのは、デジタルデータを国が提供しているからこそで、紙の本であれば、私は、今回のように調べようと思わなかったでしょう。

ウクライナ情勢に憤りながら、「民主主義」について思いを巡らせたこの数週間でした。

スポンサードリンク