» コラム

ガッコム安全ナビ 不審者・治安情報の動向調査(2019年7月~9月)

ガッコム安全ナビ 不審者・治安情報の動向調査(2019年7月~9月)

治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」に掲載されている情報を元に、2019年度第2四半期(7月~9月)に発生した不審者・動物出没・傷害等の各事件に関する統計情報を下記と通りまとめました。

 

調査対象日:2019年7月1日~2019年9月30日

調査対象:治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」に掲載されている不審者・治安情報

 

事件種別の傾向

 

■動物出没は前四半期よりもさらに増加傾向

 今四半期では前四半期に比べ動物出没の報告件数が約1.7倍と増加傾向にありました。また、昨年と比べても増加の傾向が見受けられました。自治体からの野生動物報告情報が細やかなであることも予想されます。足跡が発見されるだけでも報告されることがあるため、事前に警戒することが可能です。

 報告で最も多い動物の種類は熊で、次いで猪、猿となります。特に今四半期の報告件数の約8割を占めている熊は、遭遇すると非常に危険な動物です。

 夏休みなどでキャンプに出掛けることが多い季節であるため、動物のテリトリーとなっている場所へ入る場合は注意が必要です。

 

■災害に関する報告の増加

 今四半期の災害被害は、前四半期の約2.5倍と増加傾向にありました。今四半期は台風などの災害が増加の原因として考えられます。また、災害によって発生した被害の報告や自治体の対応なども報告も見受けられました。

 昨年の同四半期に比べると減少傾向にありますが、夏場である第2四半期は災害の報告は年間を通して最も多い時期です。

 次四半期より減少傾向が予想されますが、引き続き台風や、豪雪などの災害が発生する恐れがあるため、災害への対策は十分行うことをおすすめします。

 

特徴の傾向

 

■前四半期と比べてさらに薄着の増加

 今四半期は前四半期に続きタンクトップやなどの夏の装いがさらに増加傾向にありました。

 次四半期では冬になるため薄着の特徴は減少傾向の予想です。着衣に関しては毎年同水準の増減傾向にありますが、初夏が肌寒かったり初秋が暑かったりするとやや特徴の増減は見られることもあるかと思います。

 

■夏場の特徴も増加傾向

 特徴数としてはあまり多くないタオルですが、年間を通して増加傾向にあるのが第2四半期です。また、麦わら帽子やサンダルなども同様に、昨年の同四半期と比べ同水準の増加にありました。夏場の装いである特徴が増加傾向であることが見受けられます。

 

特徴の色の傾向

 

■オレンジ、黄色などの特徴色が増加傾向

 不審者の特徴で最も多かったのは黒色(47.2%)で、次いで2位が白色(19.3%)、3位が青色(8.9%)、4位が灰色(7.4%)という結果になりました。前四半期と比べると同様の色が上位の結果となりましたが、オレンジや黄色などの明るいカラーが増加傾向にありました。

 

■暴力的な事件は明るい特徴色を持つ傾向

 事件全体を通しても黒色の特徴が多いことは前四半期でも触れました。今四半期も同水準ですが、明るい色の特徴を比較的多く持った事件も見受けられました。

 例えば暴行は今四半期では赤色や緑色の特徴が他よりやや多く見られました。また、強盗は黒色の特徴は他の事件と比べてもやや少なく、明るい色に分分散していましたが、ひったくりは黒や白などのモノトーンに集中しています。暴行や強盗など暴力的な事件では明るい色の特徴を持つ傾向がうかがえます。

<前四半期から今四半期で増えた特徴を集めたアバターと減った特徴を集めたアバター>

 

発生時間の傾向

 

■事件発生時間帯が分散の傾向

 前四半期に引き続き、事件発生の時間帯の分散化が見られました。特に12:00~19:00の時間帯は減少傾向で、21:00~6:00の時間帯は増加傾向と冬場に比べると増減する時間帯は逆転の傾向です。

 特に15:00~16:00は、前四半期と比べると約2割の減少傾向にありました。また、1:00~4:00においては最大で1.8倍の増加傾向にあり、前四半期よりもさらに分散化が進んだように見受けられます。

 

■子どもたちの長期休暇による影響

 先ほど15:00~16:00が減少傾向とありましたが、子どもたちの夏休みが影響していることも予想されます。学校がある間は子どもたちの生活リズムが把握されやすいですが、休暇中はバラバラとなるため外出の時間帯が把握されにくくなります。しかし休暇中は子どもたちも集団で外を歩くことが少なくなるため、一人で外出する際は注意する必要があります。

 

■窃盗や強盗が夜間に増加傾向

 前四半期と比べて夜間の窃盗や強盗が増加の傾向にありました。昨年の増加傾向と比べると同水準の増加であるため、夏場の夜間は過ごしやすく窃盗活動が盛んになっているように見受けられます。また、作物や農具も盗まれる報告があるため、対象のご家庭は盗難対策をお勧めします。

 

※ガッコム安全ナビは、主に自治体や警察署等からの配信を元にしています。自治体や警察署によって配信ルールが異なるため、実際の事件傾向とは必ずしも一致していません。

※事件種別・特徴・特徴の色は、ガッコム安全ナビ独自のルールに則って仕分け・集計されています。

スポンサードリンク