memo
  • memo
    • 防災情報
    • 先日は東京地方で震度5強の地震がありましたね、10年前の東日本大震災以来のことです。
      地震の恐怖がより身近に感じられたのではないでしょうか?
      今回は、地震で電話が繋がらなくなった時の知識をお話しします。

      ●パケット通信を使おう!
      地震が発生し、基地局周辺で大勢の人が一斉に携帯電話を使うと通信規制がかかってしまいます。
      そんな中、携帯電話で声が聞きたいのであれば「音声通話アプリ」が使える可能性があります。
      携帯電話の通話とは違い、アプリはパケット通信を利用しているからです。
      また、万が一携帯電話を忘れたり、充電が切れた時は街中の公衆電話を利用しましょう。
      ただし、通信規制を受けずらいのですが、相手先の電話番号をメモしておいたり、10円玉を用意しておくなどしておきましょう。

      ●災害伝言板を使おう!
      「災害伝言ダイヤル171」は被災地の電話番号を登録して音声の録音・再生ができるものです。
      つまり被災者が「大丈夫だよ」と録音し、家族がその声を聞くことができるものです。
      ただし、携帯電話を登録番号として利用することはできません。(090,080、070、050など)
      登録番号として利用できるのは固定電話のみです。
      携帯電話を利用したい場合は、携帯会社の災害伝言板を利用しましょう。

  • memo
    • 報告日時
    • 2021年10月13日 13:57

出典:警視庁「メールけいしちょう」