memo
  • memo
    • ◆県内でニセ電話詐欺の前兆電話が多発!!◆(羽島郡笠松町 他)
    • 担当部署:生活安全総務課
      〇岐阜市、各務原市、岐南町、笠松町において、オレオレ詐欺の前兆電話が複数確認されています。
       確認された電話の内容は、
      ・病院関係者を名乗る者から「息子さんの入院費が必要」
      ・息子を名乗る者から「財布と携帯電話を置き忘れた、仕事で失敗した」
      ・息子の職場関係者を名乗る者から「会社に話すと大事になるから、お金を用意してほしい」
      などと、息子やその関係者を名乗る犯人から次々と電話がかかってくるものです。
       
      〇大垣市、中津川市、羽島市において、還付金を名目としたニセ電話詐欺の前兆電話が複数確認されています。
       確認された電話の内容は、市役所職員や金融機関職員を名乗る者から「保険料の過払い金がある」「銀行に行って手続きしてほしい」「通帳と印鑑を用意できるか」などと電話がかかってくるものです。
       これは還付金が受け取れるなどとウソの事実で、言葉巧みにATMに誘導して操作させ、お金を振り込ませようとしたり、キャッシュカードや通帳をだまし取ろうとする手口です。

      【ニセ電話詐欺の被害に遭わないために】
      ・「ATMで還付金」は詐欺です。
      ・「暗証番号」は絶対に教えないで下さい。
      ・自宅電話は留守番電話設定にして、不審な電話は家族や警察にすぐに相談しましょう。

  • memo
    • 報告日時
    • 2021年07月26日 17:05

出典:岐阜県警察「岐阜県警察安全安心メール」