memo
  • memo
    • ■特殊詐欺警戒警報(生活安全企画課)(三戸郡田子町 他)
    • 県内では、本年3月に入ってから、市町村職員や金融機関職員を名乗る者からの、還付金詐欺に発展するおそれのある不審電話を多数認知している。
      (1)市役所職員を名乗る男から、「保険料の還付金の書類を送ったのですが、届いていませんか。」「還付金を振り込むので、口座のある銀行を教えてください。」などと電話があり、利用している銀行名(〇〇銀行)を伝えると、「それでは、○○銀行の担当者から連絡させます。」 と言われて、電話が切れた。すると、そのすぐ後に、○○銀行の職員を名乗る者から電話があり、「還付金の手続は、ATMでできます。」「キャッシュカードと携帯電話を持ってATMに行ってください。」「銀行の支店だとコロナの関係で混んでいるので、スーパー等のATMに行ってください。」「ATMに着いたら△△△-△△△-△△△△(電話番号)に電話をかけてくれれば、手続方法を教えます。」などと言われた。
      (2)市町村職員を名乗る男から、「介護保険の還付金があります。」「今日中ならATMで簡単に手続ができます。」「使っている銀行は、○○銀行ですか。××銀行ですか。」と質問され、どちらも使っていないと答えると、さらに、「☆☆銀行は使っていますか。」と言われた。
      (3)市町村職員を名乗る男から、「保険の還付金があるので、振り込みます。」「使っている銀行を全部教えてください。」と言われ、使用している銀行を伝えると、「では、○○銀行の担当者から連絡させます。」と言われて電話が切れた。その直後、○○銀行のコールセンターの職員を名乗る者から、「ATMで手続できるので、携帯電話を持って行ってください。」と言われ、銀行の窓口で手続したいと伝えると、「窓口でもできますが、ATMのほうが簡単なので、ATMに行ってください。」などと言われた。
      ※これまで、青森市、八戸市、弘前市、五所川原市、黒石市、三沢市、十和田市、むつ市、田子町の職員を名乗っている。
  • memo
    • 報告日時
    • 2021年03月19日 10:28

出典:青森県警察「事件・事故メモ」