memo
  • memo
    • ■特殊詐欺事件の発生(八戸署)
    • 2月26日、青森県内に居住するAさん(60歳代・女性)の携帯電話にB社のお客様サポートセンターから「ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。」などと記載されたメールが届いた。そのため、Aさんは、メールに記載されている電話番号に電話をかけたところ、同センターの従業員を名乗る男から「サイト利用料金が未納となっており、今日中に30万円を払い込めば裁判にならずに済みます。」と言われた。Aさんは、同男の指示に従い、県南地方のコンビニエンスストアで30万円分の電子マネーを購入し、同電子マネーを利用するためのID番号を電話で同男に教えた。さらに同月27日、日本個人情報データ保護協会のヤマナカ及びウエダと名乗る男から電話があり、「他にもサイト利用料の未納があることが分かった。未納料金50万円を支払えば、裁判を回避できます。」と言われた。Aさんは、3月1日、県南地方の金融機関に設置されたATM機から、ヤマナカらに指示された関東地方の金融機関に開設された個人名義の口座に現金50万円を振込送金し、合計80万円の電子マネー利用権及び現金をだまし取られた。
  • memo
    • 報告日時
    • 2021年03月03日 10:55

出典:青森県警察「事件・事故メモ」