memo
  • memo
    • 詐欺・偽装情報(名義貸しになると不安をあおる特殊詐欺被害が発生)
    •  7月11日に五條市内居住の被害者(70代の女性)の自宅の固定電話に、不動産会社の職員を名乗る男から、「五條市内に老人福祉施設を建てる計画があり、あなたに入所できる権利があるのですが、希望者に権利を譲ってもらえませんか。」と電話があり、被害者が了承すると、後日別の会社の弁護士を名乗る男から、入居希望者から入金されたが口座があなた名義ではない。これは名義貸しをしている証拠です。違法行為なので家族に話してはいけない。」といった電話があり、被害者の不安をあおった上で、「供託金として300万円支払わなければ裁判になり家族の職場にも連絡がいく」と言われ、これを信じた被害者は、7月22日にコンビニエンスストアから宅配便で現金300万円を送り、だまし取られました。
      ●『効果抜群!家族を守る防犯電話』 
       被害を予防するためには、在宅中も留守番電話を設定したり、迷惑電話防止機能がついた電話機(防犯電話)が有効です。家に鍵をかけるように、電話にも防犯対策をしましょう。

  • memo
    • 報告日時
    • 2020年07月31日 15:07

出典:奈良県警察「ナポくんメール」