memo
  • memo
    • 生活情報(いわき市)



    •  断っても借金させてまで強引に契約を迫る手口にご注意!

       「お金が支払えない」などと言って断っている消費者に対して、借金やクレジット契約をさせてまで強引に契約を結ばせる手口に関するトラブルが全国の消費生活センターに寄せられています。
       この手口は、「お金稼ぎに関する情報商材」や「マルチ商法」など、お金も設けに関する契約において目立っており、儲かるかどうかは不確実であるにも関わらず「借金はすぐに返済できる」と説明するなどの問題勧誘が見られます。
       そのほか、貸金業者に対してウソをつくよう仕向けられ借金をさせられるケースや、断り切れずに一度契約をしたところ次々と新たな契約を迫られ高額な債務を背負わされるケースなど深刻な事例も見られます。
       また、20歳代の若者がトラブルにあうケースが多い一方で、60歳代以上の高齢者のトラブル事例も寄せられています。一度トラブルに巻き込まれると生計に支障をきたし、長期間にわたり苦しい生活が続くおそれもあることから、未然防止・防止拡大のため、注意を呼びかけます。
       少しでも不安を感じた場合は、消費生活センター(電話22-0999)または消費者ホットライン(188)にご相談ください。
  • memo
    • 報告日時
    • 2019年09月10日 14:05

出典:いわき市「いわき市防災メールサービス」