» 「PTA」について知りたい!どんな活動をしているの?

「PTA」について知りたい!どんな活動をしているの?

はじめに

「学校のPTA活動は本当に必要なの?」

 

という議論が最近よく話題になっていますね。

 

そもそものPTAの成り立ちや実際の活動内容、メリット・デメリットなどを考えてみました。

 

「PTA」はどうやってできたの?

PTAとは「Parent-Teacher Association」の略で、文字どおり「保護者と先生の会」という意味です。もともとはアメリカで、児童生徒の健全な育成を目指して生まれたものです。日本では戦後、GHQと当時の文部省が「日本の教育に民主的な組織を」と啓蒙し、いっきに普及させました。

 

日本の学校には戦前から「父兄会」「後援会」などがあり、それらの団体がPTAに引き継がれたのです。戦後で食糧が不足するなか「給食」を始めるなど、PTAは物資がない時代には有意義な活動をしました。また学校の設備を整えるため、地域の有力者から寄付をあつめるという活動もしていました。ところが物質的に豊かになった高度成長期には、PTAの存在意義があいまいになり、さらに任意でなく強制加入が常となったそうです。

 

そして現代では共働きやシングルマザーの家庭が増えたため、専業主婦が多かった時代のPTA活動が現代では大きな負担となっているようです。

 

PTAはどんな活動をするの?

PTAの活動内容は地域や学校によって異なるため、一概にはいえません。

 

例として東京のある小学校の活動を紹介します。

 

まずPTAの組織は、本部役員会と各委員会から成っています。本部役員会が各委員会のとりまとめを行います。役員会にはPTA会長、副会長、書記、会計といった役職があります。会長にはお父さんが就き「学校の顔」として入学式など各種行事で挨拶などをし、副会長以下のお母さん達がこまごまとした実務をになう、というパターンが多いようですが、これも地域によって様々です。

 

本部役員の仕事は多岐にわたります。役員会の開催、運動会や卒業式など学校行事の手伝い、他校PTAとの交流など、役員のあいだで分担するとはいえ相当な忙しさです。委員会には学級委員会、広報委員会、推薦委員会などがあります。学級委員会は茶話会の企画や防犯パトロールの実施、広報委員会は学校行事などを取材して広報誌をつくる、推薦委員会は次年度の役員候補を探して交渉する、といった活動内容です。そのほかにも給食試食会を開催する委員、お祭りのさかんな地域ではお祭りの手伝いをする委員などもあります。このように書き出してみると、いろんな役割がありますね。これを見て興味を持った委員があれば自分のお子さまの学校にもあるか調べてみてください。

 

PTA活動はかならず参加しなければいけないの?

入学と同時に自動的にPTA会員となる、という学校は少なくありません。なかには東京都杉並区のような任意制、大田区嶺町小の完全ボランティア制など、画期的な取り組みをしている学校もありますが、任意制とはいえ加入率は100%に近いようです。もちろん積極的に参加する姿勢の人もいるかと思いますが、中にはしぶしぶ……という人もいるでしょう。やはり子どものことを思うと、「うちは入らない!」とは言いづらい現状があるのではないでしょうか。

 

委員を決める4月は確かに気が重いものです。皆が平等に委員をつとめるよう、ポイント制をとりいれ厳しくチェックするPTAもあるので、気がぬけません。特に小規模の学校では保護者の数も少ないため、「子ども1人につき必ず1回は委員を」というルールがあったりします。そうすると複数の子どもがいる家庭では毎年のように委員をやる可能性もあります。考慮してもらえる場合もあるかもしれないので、かなりの負担になる場合は申し出てみる価値はあるかと思います。

 

PTA活動にもメリットがあります!

ここまで読んできて、「私は仕事もしていて忙しいし、PTA活動は気が重い…」と肩を落としている方もいるでしょう。でも、PTAで委員をする大きなメリットもあります。

 

それは、何といってもママ友ができること!特に入学と同時に引っ越してきたなど、地元に知り合いがいない場合は、ぜひ委員をやってみることをおすすめします。力を合わせて委員をやりきると、連帯感で結ばれ、末永くよいお付き合いができることがあります。今や仕事をしているママは普通なので、集まりは土日にしたり、極力集まりは減らしてメール連絡などですます、と負担を少なくする工夫もされています。

 

また学校によく顔を出すようになると、先生とも親しくなり信頼関係も増す、というメリットもあります。子どもの学校での態度などを抜き打ちでうかがうチャンスかもしれませんね。

 

おわりに

子どもの学校に深く関われるのは小学校・中学校まで…。高校生にもなったら関わりたくても子どもから断られてしまうかも!

 

無理しない程度にPTA活動に携わることは、保護者にとっても良い思い出となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク