» 進路や学校での様子、家での様子などを相談できる場 個人面談・三者面談

進路や学校での様子、家での様子などを相談できる場 個人面談・三者面談

はじめに

小学校、中学校では個人面談や三者面談が行われます。はじめてだと何を話せばよいかわからないし、先生を前にすると緊張してしまう、と心配なお母さんもいますよね。

 

面談の様子からマナーまで、詳しく解説します。

 

個人面談や三者面談って何をするの?

小学校では主に個人面談、中学校では三者面談が実施される学校が多いようです。個人面談は先生と保護者、三者面談は先生・保護者・生徒の三者で話をします。面談は先生と直接、子どもについての話ができる貴重な機会ですから、行くようにしましょう。学校側も面談には力を入れており、任意参加の学級懇談会とはちがい、保護者全員に会うことを前提としています。

 

面談では、最初に先生から学校での生活・学習の様子、成績、友達との関わり、クラスの雰囲気といったお話があります。子ども自身に聞いてもよくわからなかった学校での様子を、先生から聞けると安心しますよね。その後「お母さんから何かお話はありますか?」と質問タイムをもうけてくれるので、何を聞くか準備をしておきましょう。

 

個人面談では先生にどんな質問をしたらいいの?

三者面談より個人面談のほうが子どもに気を遣わず、率直な思いを伝えやすいという利点があります。面談の時間は15~20分と短いので、前もって聞きたいことを整理し、要領よく簡潔に伝えることが大事です。面談後に「あれを聞き忘れた!」と後悔しないよう、「聞きたいことリスト」のメモを持っていきましょう。この機会に日ごろ不安に思っていることなどを、思いきって相談しましょう。

 

とくに聞きたいことがない場合は、「今のところ毎日楽しく過ごしているようです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と早めに面談を終わっても問題ありません。帰宅したら、先生がわが子についてほめていた点を、子どもにすぐに伝えましょう。子どもは「先生は自分をちゃんと見てくれている!」と嬉しくなり、ますます意欲がわいてきます。

 

子どもを交えた三者面談だとどういった様子になるの?

中学生になると三者面談がメインとなります。1・2年生では定期テストの成績と、学校生活の話が半々です。授業態度や友人関係、部活動・委員会活動で頑張っている様子などを先生が話してくれます。家ではダラダラしているのに、学校では意外としっかり者だとわかってひと安心、なんてこともあります。

 

逆に授業態度があまりよくない、などと注意された場合は、冷静に受け止め先生と改善策を話し合いましょう。3年生は1学期の面談から具体的な進路の話になるので、早めに志望校をリストアップしておくことをおすすめします。

 

三者面談の良さは、先生という第三者が加わり緊張感があることで、時に子どもの本音が聞けることです。親には自分の進路についてはっきり言わない子が、先生に「これからどうしていきたい?」と聞かれて「第一志望に合格したいからもっと勉強します!」と率直な思いを語ることもしばしばです。

 

面談のときのマナーや服装は?

遅刻しないことはもちろん、話に夢中になってつい時間をオーバーするとういうことが無いようにしましょう。服装は学校の雰囲気にもよりますが、やはり大事な話をする公式な場ですから、普段着は避けてください。カジュアルすぎない清潔感のある服装でのぞめば、先生にも好感をもたれます。

 

また、とくに三者面談では、子どもの前で「うちの子はぜんぜん勉強しない、片付けをまったくしない」など愚痴ばかり言うのは絶対にやめましょう。子どもは自尊心を傷つけられ、親子関係が悪くなることがあります。面談では現状の不満ではなく「これからどうやって改善していくか」と未来に目を向け、わが子を勇気づけてあげてください。希望があるのだとわかれば、子どもはやる気を持てるのです。

 

おわりに

個人面談・三者面談は、子どもが生活面・学習面で「より良く」なるように話をする場。

 

あなたの未来を先生とお母さんが全力でサポートするよ!と子どもに伝わるよう、温かく有意義な面談にしたいですね。

 

スポンサードリンク