» 学校のICT化について知りたい!どこまで進んでいるの?

学校のICT化について知りたい!どこまで進んでいるの?

はじめに

最近よくニュースで「学校のICT化」「教育現場へのICT導入」といった言葉を耳にしませんか?何となく知っているけれど詳細はわからない、という方が多いのでは?

 

今回は、「学校教育のICT化」の現状や課題についてお話したいと思います。

 

 

そもそも「学校教育のICT化」ってなに?

ICTとはInformation and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)を略したものです。IT(インフォメーション・テクノロジー)にコミュニケーションが加わったもので、日本語にすると、ITが「情報通信技術」なので、ICTは情報通信技術にコミュニケーション性を加味したものになるそうです。具体的なツールとしては、パソコン、スマートフォン、iPadなどのタブレット、電子黒板といったデジタル機器などで、文部科学省はこのICTを教育現場に普及させようと取り組んでいるようです。

 

グローバル化・情報化という変化の大きいこの時代に、ICTを活用し、子どもたちが自ら情報を取捨選択し、活用できる能力を育成したいと考えているのです。またICTの導入によって忙しい先生の、授業以外の仕事の効率化も目指しています。そういえばすでに通知表などは、手書きでなくパソコンで作成する学校が増えてきましたよね。

 

授業でどんなふうにICTを使うの?

では実際の授業では、どのようにICTを活用するのでしょうか。文部科学省によれば、例えば小学校の外国語活動なら、デジタル音声教材でネイティブの発音に触れる、また中学校・高校ではプログラミング学習を充実させることを提案しています。「プログラミング」なんて難しそう!と親世代は驚きますが、これからの国際社会では、コンピュータのしくみを理解する「プログラミング」を勉強することは、非常に重要とされています。

 

将来、今以上に多くのものがコンピュータに制御される時代がくる、と言われているからです。今や小中学生向けの「プログラミング教室」も続々と開校し、アプリやゲームを楽しく作れる、とかなり人気のようです。時代は変わりましたね!

 

その他にも、文部科学省では、子どもが1人1台ずつiPadを持ち、授業と家庭学習を連携させて学力向上を図る「スマートスクール構想」という計画も打ち出しているそうです。

 

学校のICT化はどれくらい普及しているの?

文部科学省が発表した、平成27年3月現在の「学校におけるICT環境の整備状況」によると、全国の公立学校のICT普及率は以下のようになっています(カッコ内は前年)。

 

コンピュータ1台あたりの児童生徒数6.4人(6.5人)、電子黒板の整備率78.0%(76.4%)、デジタル教科書の整備状況は39.4%(37.4%)です。またタブレット台数は、72,678台(26年)から156,018台(27年)と2倍にも増えています。

 

コンピュータ1台あたりの生徒数、電子黒板およびデジタル教科書の整備率、すべてでトップだったのが佐賀県です。佐賀県のデジタル教科書の普及率は96.1%で、最も低かった自治体の9.8%に比べ、なんと10倍近くの開きがあります。

 


http://www.gaccom.jp/search/p41/public_es/region/

自治体によってICTへの力の入れ方が、これほど違うのに驚きますね!

 

ICT化するデメリットは無いの?

「学校教育のICT化」が声高に叫ばれてはいるものの、実際の教育現場では導入がなかなか進みません。何より先生の負担が大きいことが原因のようです。デジタル機器の整備や、まずは自分が機器の理解をするなどの準備に時間が取られます。機械に弱い人だと一苦労かもしれませんね。また、いざ授業を始めると機器が動かない!となると授業時間が削られてしまいます。その他にもICTを上手に活用して学力を向上させる授業のノウハウも不足が懸念事項としてあげられています。

 

また、実験的にタブレットを使用した授業を行った学校では、子どもが自分の関心のある学習ソフトに夢中になり授業に集中できない、といった問題点も指摘されました。個人情報の漏えいなどセキュリティの問題もクリアしなければならないし、健康面では視力に影響が出るのでは、という保護者の心配もあります。実際、「電子黒板は光に反射して見づらい」という生徒の声もあがっています。漢字の書き取りなど、電子機器では補えない学習もあります。

 

おわりに

文部科学省や専門家には、従来の学習法のメリットも残しながら、デメリットを避けられるよう、ICTのよりよい活用法を考えてもらいたいですね。


【自治体別教育統計ランキング】

全国 – 小学校教育用コンピュータ1台当たりの児童数ランキング
http://www.gaccom.jp/region_ranking/it_pc_ratio_es/p0
全国 – 小学校1学校あたりの電子黒板の整備台数ランキング
http://www.gaccom.jp/region_ranking/it_e_board_es/p0
全国 – 小学校デジタル教科書の整備率ランキング
http://www.gaccom.jp/region_ranking/it_d_book_ratio_es/p0
※それぞれ中学校ランキングページもあります。

スポンサードリンク