» 幼稚園から大学までどのくらいかかる?公立と私立はどのくらい金額が違う?子どもの教育費について

幼稚園から大学までどのくらいかかる?公立と私立はどのくらい金額が違う?子どもの教育費について

はじめに

子どもが幼稚園や保育園に入るまでは、あまり意識することのなかった教育費。

 

でも、集団生活をするようになると、周囲からあれやこれやと情報が入ってきて、俄然気になってくるものですよね。小学校の高学年ともなると、中学受験をするしないにかかわらず、教育費はすべての親にとって悩みの種になります。

 

今回は子どもの教育費について、その傾向と対策をご紹介します。

 

 

幼稚園から大学までの教育費の相場ってどれくらい?「教育費は聖域」はもはや過去

文部科学省の平成21年度の教育白書によりますと、大学卒業までにかかる費用は以下の通りです。

 

幼稚園から大学まで全て公立   :約1,000 万円

幼稚園から大学まで全て私立   :約2,300 万円

 

文部科学省「家計負担の現状と教育投資の水準」より

 

大学まで通わせたいのであれば「1人当たり最低1000万円」と考えておく必要があるでしょう。

子どもが2人以上の場合、兄弟姉妹で差をつけることは考えにくいので、上記の金額に人数をかけた分が必要になることになります。これって大変な金額ですよね。

 

また、この調査後も教育費は年々高騰し、保護者の負担はどんどん増えてきています。調査によると子どもが大学生の家庭では、貯蓄率がマイナスとなっているそうです。これは教育費に押されて、老後資金を貯める余裕がないということを示しています。

 

もはや「教育費は聖域」などとは言っていられない時代になっているようです。

 

幼稚園から大学までの具体的な費用

1人あたり、最低1000万円以上は必要な教育費。

 

では、具体的には、いつ、どのくらいかかるのでしょうか?

 

文部科学省の別の調査「平成24年度子どもの学習費調査」で、学校種別の公立と私立での概算を知ることができます。

 

幼稚園 → 公立 約23万円、     私立 約 48万7千円

小学校 → 公立 約30万6千円    私立 約142万2千円

中学校 → 公立 約45万円      私立 約129万5千円

高校  → 公立 約38万6千 円    私立 約96万7千円

 

公立学校と私立学校の学習費の差は、私立は公立に対し、幼稚園では2.1倍、小学校では4.7倍、中学校では2.9倍、高校ではは2.5倍となっています。

この調査には、他にも興味深いデータがいろいろと載っているので、ぜひ見てみてくださいね。

 

文部科学省「平成24年度子どもの学習費調査」

 

既に一般的になってきた!中学受験をすると、どれくらい費用がかかるの?

中学受験はここ十年ほどでとても一般的になりました。中学受験に関するブログや書籍が多くの人に読まれ、中には人気俳優でドラマ化されるものまであります。

 

社会現象とも言える中学受験ブームですが、実は千代田区のように、受験を要する中学への進学者が55.5%を占めたところはごく稀(まれ)なケースで、東京都全体では全体の17%、小学生全体で見れば、7%というのが現状です。

 

では、中学受験をすると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

首都圏の私立中高一貫校の初年度納入金(入学金、施設設備費、諸経費の合計)の平均は98万円で、その後、授業料として月々5〜7万円を支払っていくことになります。この他にも、制服、通学かばん、体操服なども購入しなくてはなりません。

通学のための定期代や修学旅行代の積立もあります。学校によって違いがありますが、6年間で600万円はかかると思っていたほうがいいでしょう。

 

また、中学受験をする場合、ほとんどの子どもが進学塾に通うことになります。塾の費用はひと月で、「小学4年生なら4万円、5年生なら5万円、6年生なら6万円」などとも言われますが、それ以外にも夏期講習や冬期講習、模試なども頻繁に受けることになります。入塾する学年にもよりますが、1年生から入塾した場合は、小学校卒業までにはトータル300万円程度の覚悟しておくべきでしょう。

 

高校と大学ではどれくらいかかるの?

3年間の高校生活にかかる費用は、公立高校では116万円、私立高校では290万円となっています。

 

また、大学生活にかかる費用は、国公立か私立や、どういった学部に行くかによって大きく変わってきます。4年間にかかる費用は、おおまかに、国公立大学では500万円、私立大学では700万円、私立の理系では800万円以上と考えられます。

 

保護者は自分の老後のことも考えるべき!学資保険や教育ローン、お祝い金やお年玉などを教育費にあてる

教育にはお金がかかると知っていても、実際にどれくらいかかるかをきちんと調べている親は意外と少ないそうです。

 

「今後の教育費は大丈夫かな?」「中学受験させた方がいいのかな?」「将来は留学もさせたい!」

 

など、教育に関して気になることがある場合、まずは具体的な数字を出してみましょう。どの時期に、いくらぐらいのお金がかかるかが把握できると、おのずと今後の現実的な道すじが見えてきますよ。

 

教育費は高額です。「仲良しの子が塾に通っているから」「クラスで多くの人が中学受験するから」という安易な理由で、勢いで見切り発車をして、途中で学費が払えない、老後資金が全く用意できていないなど、後になって困ったことにならないよう冷静な判断が必要です。

 

教育費を確保するためにも、学資保険教育ローンなども考えても良いかもしれません。

 

また、子どもが受け取るお年玉やお祝い金など、子どものいざという時のために貯蓄しておくことをおすすめします。

 

■関連記事

【子どもが生まれたら考えてほしい!学資保険について ~加入時期・払い込み・受け取り・学資保険に入った保護者のインタビュー記事~】

 

⇒http://www.gaccom.jp/wp/useful/children_money_2.html

 

【奨学金とは違うの? 融資限度額は? 国の教育ローンについて】

 

⇒http://www.gaccom.jp/wp/useful/edu_loans.html

 

【お正月後の裏イベント!?子どもがもらったお年玉やお祝い金ってどうしているの?貯金や使い道などを考える、お金を学習するチャンス!】

 

⇒http://www.gaccom.jp/wp/useful/children_money_2.html

 

 

おわりに

子どもには出来るだけいい教育を受けさせたいと考えるのは、親であれば当然のことです。

 

ただ、今の世の中は、親が子どもだった高度成長の時代とは全く違います。

 

また、親の時代とは、受験のシステムや人気校も変わっています。家庭の教育方針をしっかりと定め、その方針に従って、家計の中でバランスのとれた教育費を効果的に使いたいものです。

 

教育費を効果的に使うためには、事前の知識と情報が欠かせません。2020年の大学入試改革をはじめとする教育情報を常にチェックし、そのためには今何をしておいたらいいのかを逆算で考えることをおすすめします。

スポンサードリンク