» 子どもとお金を上手に付き合わせる方法

子どもとお金を上手に付き合わせる方法

はじめに

子どもが成長すると、お小遣いをいつからあげるのか、またどの程度与えれば良いのか迷ってしまいますよね。何も考えず闇雲にその都度お金を子どもにあげていれば、子どもはいつでも貰えるものだという認識をさせてしまい、親もそれに合わせる形になってしまいます。

 

今回は、現役ママからお金と上手に向き合う方法を教えてもらいました。

 

まずお金の存在を理解させる

まだ幼いと、お金そのものの存在を理解させることから始めなければいけません。

 

欲しいものとお金の関係を理解するにはスーパーがベストです。スーパーに行くとお菓子のコーナーで子どもが欲しいものを選ぶはずです。それらはお金がないと持って帰ることができないことを教えましょう。

 

お金は計画的につかうことを理解させる

小学生にもなると、少額ながらお小遣いを持つこともあるかと思います。しかしたった数百円でもお金です。買い食いや自販機でジュースなどを買ってしまえばすぐになくなってしまいます。本当に自分がつかうべきときにお金がない!ということにならないためにも、日ごろからお金は計画的につかうことを理解させましょう。

 

またつかいすぎないためにも日ごろから与えすぎには注意です。習い事で遅くなるからとお小遣いを渡して何か買うようにさせることは、小学生にとっては余分なお金になるかもしれません。そういうときはお金ではなく、物にするほうが安全でしょう。

 

友だちに合わせてつかいすぎない

中学生だとお友だちとの付き合いで、遊びに行ったりすることもあるでしょう。そのときは、少しまとまった金額のお小遣いを預けることになるかもしれませんね。

 

お友だちがいくらお小遣いを持ってくるかはわかりませんが、自分は自分だということをよく理解させ、友だちに合わせてつかいすぎることのないようにさせましょう。

 

また、お友だちのほうが多くお小遣いをもらっているからといってそれに合わせたいと子どもが言っても、与えすぎるのは良くないと言い聞かすのか、それとも実は少なすぎたのか、ということは各家庭で考えるのも良いかもしれません。

 

お金の大切さを知ることと同時に、お金の怖さも理解させる

どの年齢の子どもにも言えますが、お金は幸せを運ぶ反面、時には恐怖心を与えることも理解させなくてはいけません。自分の命を脅かすツールでもあるのです。たまたま大きな額を持っていたら、見ず知らずの人にいきなり盗まれることや、恐喝されて傷つけられることもあります。

 

お金によって命が脅かされる心配もあることを理解させましょう。

 

お金を管理することは自己管理能力を養うこと

お金の管理ができるようになることで、必然的に社会性と自主性そして計画性が生まれるようになります。いくらつかえばいくらかかる、という計算は常にすることになります。そしてほしいものが存在すれば、それを買うために、お金を貯める努力ができるようになります。

 

自分で働いて貯金して、欲しいものを買うということはまだまだ先になるかと思いますが、お小遣いで予行練習して自己管理能力を養いましょう。

 

親がお金の管理サポートをしっかりやる!

大きな額を子どもがもらうときは要注意です。

 

特に親戚からもうら入学祝のお金、お年玉、遊びに行った時にたまにもらうお小遣いなど、普段は手にしない金額が子どもに渡るときがあります。そんなときはまず親が一度管理すべきです。そして、貯金するのかいくらかつかうのかは子どもと相談しましょう。必ず子どもに相談することで、自分がもらったお金はきちんと管理されていることを意識させます。そうすれば子どもにも信頼してもらうことができるはずです。

 

くれぐれも大きな額を子どもが手にすることのないようにしましょう。

 

子どもにとってリスクの少ない額で管理させてみよう!

まずは子どもにとっても(親にとっても)リスクの少ない金額を管理させ、そこから慣らしていきましょう。

 

小学生は、100円単位で上げていき、中学生は、1000円単位で上げていきます。高校生は、自己管理がだいぶできるようになりますので、一律5000円でも良いでしょう。これにより、低リスクでお小遣いの管理が可能になります。これを通帳やお小遣い帳、特に現在はスマートフォンのアプリも充実しているため、それらを利用して管理する習慣をつけると良いかもしれませんね。

 

おわりに

いかがでしょうか?子どもが成長していく中でお金に関する教育は、きっと多くの保護者の方が悩む場面ではないでしょうか。

つかう額はまだまだ小さいかもしれませんが、大切につかうよう家庭でも話をすることが大切です。また、お小遣いを持つようになればそれに伴って行動範囲も広がるものです。

 

子どもがお金によって危険にさらされないように注意して見守りましょう。

スポンサードリンク