» ちゃんと食べている?大切な朝食のおはなし

ちゃんと食べている?大切な朝食のおはなし

はじめに

最近は小学生や中学生も、少しずつ朝食を食べる子たちが増えてきましたが、以前は食べない子がかなりみられたそうです。

早く起きられずに食べる時間がない、ダイエットをしている等、生活様式の変化や美容面での理由がみられましたが、体調管理に大きな影響を与えるのです。朝食を摂らずに登校して体調不良を訴える子も少なくないそうです。

 

これでは当然、勉強に支障がでますよね。そこで今回は、朝食を摂ることの大切さを考えてみました。

 

 

 

学力の向上

朝食を食べると学力向上につながるそうです。

 

文部科学省の「全国学力、学習状況調査」によりますと、朝食を食べている子どものほうが正答率が高いという結果が出たそうです。エネルギー源となるブドウ糖を吸収した脳は活発に働き、朝食からブドウ糖を摂ることは童期の子どもだけでなく、幼児にとっても学習能力がアップすることも期待ができるそうです。

 

体力の向上

体力の向上も期待ができると言われています。

栄養源を体内に送り込むことで内臓が目を覚まして身体が活発化します。エネルギーとなった栄養でより活動しやすい体になり、そこで運動することにより筋力などより強い身体作りができ、基礎体力が向上すると言われています。

 

精神的な安定

朝食には精神的な安定をもたらすこともあると言われています。

大人でもおなかがすけばイライラしますよね。子どもは成長期まっさかりで様々な活動をするとすぐにお腹が減るため、特に幼児は1回の食事量が少ないために、おやつが重要になります。

 

朝食は一日のスタートとして、頭や身体のためだけではなく心の安定と成長のためにも不可欠です。そしてそれがやる気スイッチをオンにつながるみたいです。

 

肥満の予防

朝ご飯は肥満の予防にもつながると期待されています。

規則正しい食事は肥満の予防につながることが医学的にも実証されているそうです。体は食事の回数が減ると、命を維持するために栄養を確保し、貯蓄しようと働くため、脂肪がたまりやすくなり肥満につながるそうです。

 

規則正しい食事は消化器系の動きを活発化し、そのリズムができると便秘の予防にもなります。

 

おすすめする朝食の紹介 和食の旅館飯!

朝食は身体を覚醒させ、内臓の働きをよくする上でも大切なものです。

次におすすめの朝食である和食の紹介をします。和朝食はご存じの通り、旅館等ででるメニューです。その名も旅館飯!

 

旅館飯とは、ご飯、味噌汁、納豆、卵料理、海苔、魚料理などで構成され、栄養学的にもバランスがよいと昨今では見直されているそうです。

ご飯はエネルギー源となるブドウ等のもとになりますし、ビタミンB1と蛋白質を含む納豆や卵は、集中力や記憶力を高める効果があると言われています。またイワシやサンマ、シャケなどの魚類は、DHAが多く含まれており、頭の働きを助ける栄養になります。味噌汁の具としては、わかめ等の海藻類がお勧めです。ミネラル、カルシウム等が多く含まれており、イライラや集中力の低下等を防ぐ効果が期待できます。

 

栄養、運動、睡眠は子どもにとって不可欠!

子どもは日々、ものすごい勢いで成長します。成長するために大切なもの、それは、栄養、運動、睡眠です。

 

今回は、その中の栄養、特に朝食についてまとめましたが、残念ながら朝食の大切さを知らない人があまりにも多いような気がします。また朝食を摂らない大人に育てられた子どもは、必然的にその習慣を踏襲するため、負の連鎖が生じることになることが予測されます。

 

しかし子どもの健やかな成長を願わない大人はいませんよね。この場合、大人が変わらなければなりません。

 

 

おわりに

「早寝、早起き、朝ご飯」

 

まずは、食事、特に朝食の大切さを知ってください。そして、健やかな子どもたちの成長のために、ぜひ生活に取り入れてほしいと思います。

スポンサードリンク