トップ » 

 » 山形県 » 地域別情報

山形県の小学校

   

学校区分

保育園幼稚園

小学校中学校

   

山形県の公立学校の情報化状況【2016年3月1日現在】

電子黒板・デジタル教科書導入状況

1.6台

一学校あたりの電子黒板の整備台数

デジタル教科書の整備率

回線状況

普通教室のLAN整備率

インターネット接続率(光ファイバ回線)

インターネット接続率(30Mbps以上回線)

教職員の電子化状況

教員の校務用コンピュータ整備率

校務支援システムの整備率

学校CIOの設置状況

教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数

21

6.6人

一学校あたりの電子黒板の整備台数

43

1.6台

普通教室のLAN整備率

25

87.7%

インターネット接続率(光ファイバ回線)

24

83.8%

インターネット接続率(30Mbps以上回線)

29

79.2%

教員の校務用コンピュータ整備率

46

92.1%

校務支援システムの整備率

37

70.0%

デジタル教科書の整備率

32

38.8%

学校CIOの設置状況

37

23.5%

  • ・「教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数」とは、2016年3月1日現在の児童生徒数を「教育用コンピュータ総台数」で除したものです。
  • ・「一学校あたりの電子黒板の整備台数」とは、電子黒板の整備台数を、「学校数」で除したものです。
  • ・「普通教室のLAN整備率」は、全普通教室数のうち、LANに接続している普通教室数の割合としています。
  • ・「教員の校務用コンピュータ整備率」は、「教員の校務用コンピュータ台数」を教員数で除したものです。
  • ・ 校務支援システム:出勤、出張、休暇、時間割作成、学籍、成績、保健、給食、通知表、指導要録等のいずれか又は複数の作成・管理等を行うためのシステム
  • ・ デジタル教科書:2016年3月1日現在で学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツ
  • ・ 学校CIO:学校のICT化について、総括的な責任を持ちビジョンを実行するために学校に置かれる責任者

※文部科学省調べ「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」

山形県の医療従事者数 【2014年12月31日現在】

内科・皮膚科・小児科等

全国平均

山形県平均

※全国平均を100としたときの値で比較

眼科・耳鼻科・歯科等

全国平均

山形県平均

※全国平均を100としたときの値で比較

種別

総人数

人口1000人当たりの人数

内科 (一般内科)

733人

34

0.64

呼吸内科

99人

33

0.09

皮膚科

116人

24

0.10

アレルギー科

47人

35

0.04

小児科

208人

43

0.18

眼科

104人

24

0.09

耳鼻咽喉科

85人

19

0.07

小児外科

12人

4

0.01

救急科

20人

28

0.02

歯科 (一般歯科)

633人

39

0.55

矯正歯科

107人

46

0.09

小児歯科

222人

45

0.19

  • ・ 診療科(複数回答)・従業地による市区町村別の医療施設従事医師数、歯科医師数。
  • ・ 2つ以上の診療科に従事している場合、各々の科に重複計上している。
  • ・ http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/toukeihyo.pdf

※厚生労働省 医師・歯科医師・薬剤師調査調べ

山形県の火災・事故・犯罪数

火災・事故・犯罪

全国平均

山形県平均

※全国平均を100としたときの値で比較

種別

総発生件数

人口1000人当たりの発生件数

建物火災出火件数

279件

21

0.24件

交通事故発生件数

7593件

12

6.5件

刑法犯認知件数

7975件

44

6.8件

  • ・建物火災出火件数は【2008年度】調査のデータです。
  • ・交通事故発生件数は【2009年度】調査のデータです。
  • ・刑法犯認知件数は【2009年度】調査のデータです。
  • ・1000人当たりの発生件数は、各データを【2010年度】の人口で除して1000をかけた値です。

※総務省統計局調べ「統計でみる都道府県・市区町村のすがた」

山形県の公立小学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】

学校選択制導入の有無

導入していない ※検討してもいない

 市区町村

導入していない ※検討中又は今後の導入決定

 市区町村

導入している ※廃止の検討や今後の廃止決定していない

 市区町村

導入している ※廃止を検討中又は廃止決定

 市区町村

過去において導入していたが既に廃止した

 市区町村

学校選択制の導入形態

いわゆる自由選択制

 市区町村

いわゆるブロック選択制

 市区町村

いわゆる隣接区域選択制

 市区町村

いわゆる特認校制

 市区町村

いわゆる特定地域選択制

 市区町村

その他

 市区町村


※文部科学省調べ

山形県の治安情報

事件や不審者の情報を、地図・アバター・アイコン・グラフなどでわかりやすく確認できます。

山形県の児童数生徒数/学級数/通学区域(学区)情報について

ガッコムが提供する小学校・中学校の情報

我が国においては、保護者にとって有益な学校の公式情報さえも、必ずしも幅広く提供されておりません。そのため、お子さんを持つ保護者の方は、転居/引越しや新入学の際に多大な時間を費やしているのが現状ではないか、と私たちは考えます。そこでガッコムでは、公的に利用可能な学校情報を独自の調査により収集し、全国の小中学校の児童数/生徒数、学級数、学級規模、特別支援学級の設置、通学区域(学区)、使用教科書などの学校情報をわかりやすく提供することで、保護者の皆様の多様な視点からの学校選びを支援することをめざしています。ガッコムは、口コミや評判では分からない学校の情報を提供致します。このページでは、山形県の小学校/中学校を紹介しています。

小学校/中学校の児童数生徒数情報の並び替えについて

並び替え検索では、公立小学校を、学校全体あるいは学年ごとの児童数/生徒数や学級規模(クラスサイズ)でソーティングすることができます。学校全体の児童数/生徒数は、特別支援学級の生徒数を含みます。また、児童数/生徒数情報は2016年度のものです。

公立学校の校区マップ(学区地図)

公立学校のページでは、通学区域(学区)情報を地図上で視覚的に把握することも可能です。但し、その地図上で表示されている通学区域(学区)情報は、小学校区は【2010年度】、中学校区は【2013年度】をベースに独自に加工したものです。また、データも必ずしも正確とは言えません。また、通学区域(学区)は毎年見直しの対象となります。どうかご参考までにご利用ください。

小学校/中学校の教科書採択データについて

公立小学校については算数/国語/理科/社会の4科目、公立中学校については英語/数学/国語/理科/社会(歴史・地理・公民)の7科目の教科書採択データを提供しています。小学校は平成27年度~平成31年度、中学校は平成24年度~平成27年度のものです。

山形県の小学校/中学校の学級編制の弾力化について

学級編制の弾力化によって、全県一律に国の標準(40人、小1は35人)を下回る一般的な学級編制基準を設定することか?可能になりました。個々の学校ページにおいて、学級編制の弾力化を実施する都道府県の状況(山形県の情報)を紹介しておりますが、この情報は【2013年度】のものです。

地域別情報について

個々の学校ページでは、設置者別(市区町村別/都道府県別)の情報を紹介しています。公立学校の耐震化率は【2016年4月1日現在】、コミュニティ・スクールの指定状況は【2016年4月1日現在】、公立学校の情報化状況(教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数等)は【2016年3月1日現在】、学校給食実施率は【2015年度】、不登校児童生徒数情報は【2015年度】となっております。

今後の学校情報の追加について

ガッコムは、「多様な視点からの学校選びの支援」という観点に立ち、保護者の方にとって有益な情報であれば、今後も新しい学校情報を追加していきます。その際には、利用者の皆様からのフィードバックや情報提供が必要な場合もございます。どうか皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

ガッコムのコミュニティについて

ガッコムの学校コミュニティは、学校が発信するメール連絡やクラス単位のメールリストの欠点を補う、保護者同士のネットワークを提供します。保護者同士で、お子様の不用品の交換や、災害時の安否確認、不審者情報の緊急連絡などが簡単にできます。
【参考】:コミュニティについて