みんなの掲示板 » 親切へのお礼の言葉 » 詳細画面

みんなの掲示板 詳細画面※どなたでも閲覧可能です。

みんなの掲示板情報(トピック数)

地域から探す

学校種から探す

テーマから探す

詳細検索

地域を絞る
学校種を絞る
テーマを絞る
キーワード検索

親切へのお礼の言葉

投稿日時 2013年06月11日10:38
タイトル 親切へのお礼の言葉
投稿者 越(こし)の国の極楽とんぼ
タグ 中部地方 中学校 PTA 
本文  12㌔ウオークの帰路、越中宮崎駅から参加者と別れ、泊駅まで歩いて戻りました。振り出しの泊駅からさらに黒部駅まで歩こうとキロ数も考えずに歩きました。 ところが、黒部駅へは国道8号線から8号バイパスへと掲示板が指示。車の往来はグンと減り、人家も少なくなっていきます。その時、入善西中学校の女子生徒2人組を発見。黒部駅はどの方角か聞きました。「黒部駅は知らないけど、入善西駅ならすぐそこだよ」と言うので、どの方角か教えてほしいと言いました。すると、連れて行ってあげると言うのです。「君たちは自転車だし、私は歩きだからいいよ」と何度も断ったのです。不審者の出没する時代ですから、見知らぬ人に親切にし過ぎるのはよくないと思ったのですが、彼女たちは私を不審者と判断しなかったようです。そのあと1㌔余りもあったのにはびっくり。途中で1回だけ右折したにしても、教えてもらっただけでは行き着けなかったかもしれません。2人が、駅から戻っていくのを見送っていたら、ちょっと振り返ってくれたので大きく手を振りました。2人も手を振り返してくれました。Fさんのお父さんはテストが悪くても叱らないけれど、靴のかかとを踏んだりするような服装の乱れは厳しく叱るそうです。そんな家庭で育った子供だからこんな時代でも自分自身の眼力を信じた行動がとれるのだなと感じました。
 今の時代、こういう「小さな親切」を実行することはなかなか難しく、かつ勇気のいることですから。AさんもそんなFさんとは息がぴったり合う感じで嫌な顔もせずに一緒に案内してくれたのでした。実は、バッグの中に封を開けてない「柿の種」があったのですが、渡しませんでした。家に帰る途中の公園で食べておなかが膨れるとさらに帰宅が遅れるかもしれないと心配したからです。
 それにしても、(駅まで連れていくという)彼女たちの判断は、賛否の分かれるところだと思います。でも、道徳の時間に、君たちならどうする?と聞き、小グループに分かれて話し合わせ、賛否の理由を言わせることもできるかもしれません。どちらの判断も正しいと思うのです。世の中にはどちらの判断も正しい(または、間違っている)ということもあります。第3の道があったかもしれません。まだ16時半ごろで19時ごろまで明るいわけですから、「とにかく真っ直ぐ行って500mほど行ったら近くの人に聞いてください」ということもできたと思うのです。ただ、Fさん自身、車で1回だけ連れていってもらった駅なので、はっきりと思い出せなかったようでした。だから、「よく分からないけど、この道を真っ直ぐ行って途中で出会った人や家の人に聞いてください」と言っても十分親切だと思うのです。ただ、Fさんは、「困っている人がいて自分が何かで競うなら助けてあげるのが当たり前」という家庭で育った子であり、友達のAさんとは現在は大の仲良しですから、Fさんの判断に十分納得できるものを感じていたのでしょう。
 ただ、何度も言いますが、不特定多数の前でこういった「小さな親切」をむやみにほめるのはいじめを誘発しかねない時代です。妬みも巻き起こしそうです。「ぶりっ子してる」と言われかねない危険性もはらんでいます。そこで、学校のメールアドレスもすぐに分からなかったので、このサイトに投稿した次第です。新聞によく投稿するので、気楽に書けました。読んでくれる人がいれば嬉しいです。
 Fさん、Aさん、本当にありがとう。4分違いでJR電車が出てしまい、その後45分待たねばならなかったけど、君たちの親切には本当に感謝しています。歴史の勉強方法のこと、男子に太っていると悪口を言われた時の切り返し方、きっと役に立ちますよ。(それに、2人とも、とてもチャーミングで太ってなどいません。話し方もはきはきしていました。部活動も頑張ってネ。蛇足ですが…)